Reras-factory ガジェットとかAppleとかいろいろ

僕がiPhoneに最初に入れたアプリ10個まとめ

  • 2015/04/4

皆さんこんにちは。
今回は僕がiPhoneをセットアップする段階で入れたおすすめアプリ10個を上げてみます。

1,ブラウザ:GoogleChorme

Googleが開発した、軽量で高機能なウェブブラウザ。それが、GoogleChromeです。
ウェブストアから『拡張機能』やブラウザの見た目をカスタマイズできる『テーマ』などを入手でき、拡張性の高さからでも、最強のブラウザだとおもいます。インターフェースも、余計なものは一切なく、表示面積が多く取れています。iPhoneには、Appleが開発した『Safari』がインストールされていますが、僕は真っ先にGoogleChromeをインストールし、Safariは駆逐しました。Googleアカウントでログインすることで、パソコンとブックマークを共有できたり、シークレットタブなど、パソコン版と殆ど変わらない機能を利用できます。詳しくは今度記事にしますね。



2,ブログ管理:Wordpress

記事の投稿までは行わないものの、コメントの返信や、アクセス解析、ちょっとした修正に使えるのがこのアプリ。インターフェースもシンプルで、あくまでスマホで使用するという感じでズバッと切っている感じがします。他にいうことがありませんが結構便利なので。ハイ。



3,Twitter

最初はTweetbotを導入しようかと思ったんですが、
課金できるほど余裕がなかったので公式使ってます。まあ今の時代SNSは必須ですからね。



4,LINE

同上。言われてもID交換は受け付けません。



5,Feedly

僕はChromeの拡張機能のFeedlyを使っていますが、購読するサイトが増えてくると、一日あたり数十件の新着フィードを受けることもあります。そこで、このアプリを入れて、暇な時にさっと確認しようというわけです。同期に関しては、PC側で見た記事はスマホ側でも非表示になるようですが、スマホ側で確認しても、同期はされないようです。が、いつでも空いた時間に素早く確認できるので時間の有効活用にもなります。



6,Vidgets

こちらはウイジェットを表示させるアプリです。CPUメーターや、RAMの使用量チェック、ネットワークのスピードを表示させることができます。



7,PS Express

これはいわば、『モバイル版フォトショップ』です。機能は制限されますが、だれでも無料で使えます。ちなみに、インストール自体はApp Storeからなのでだれでもできますが、利用にはAdobe IDがあったほうが良いです。主に使える機能は、『色調変更』『トリミング』『コントラスト変更』『赤目補正』『枠をつける』『自動補正』などです。文字の挿入はできませんが、上記のような編集の方が僕は使うので重宝しています。(文字入れるときはLINE Cameraでやってます)



8,AppleStore

信者御用達のアプリです。Apple製品の紹介、Apple Online Storeで購入や、認定の整備済み製品なども見ることができます。いつもMBP見てウハウハしています(笑)。買うものがなくても、入れておいて損は無いです。



9,OneDrive

Microsoftが展開するクラウド型ストレージサービス。『OneDrive』用のアプリです。カメラロールのバックアップを行う設定にすると、使用できる容量が15GB→30GBになるのでお勧めです。僕はここにバックアップをとっています。また、ExcelアプリやWordアプリを入れておくと、OneDriveに保管してあるファイルの編集や閲覧ができます。



10,Skype

特筆点はありません(汗)



あとがき

僕が入れたおすすめのアプリ、いかがでしたでしょうか。
一応Web系の便利アプリを並べてみたのですが、解説が雑なものがいくつかありますね(汗)。
他にも、『こんなものもあるよ!』とか『これをもっと詳しく教えて欲しい』というのがあったらどしどし教えて下さい


この記事をシェアする