Reras-factory

ガジェットとかAppleとかいろいろ

WordPressの高速化は『Zen Cache』で決まり!

  • 2015年11月1日

WordPressサイトの高速化には『Zen Cache』を使いましょう!

『ロリポップ!』サーバーは重い

このブログはロリポップ!サーバーを使用していますが、サーバースペックが低いためにWordpressを使用するとやや重たくなってしまいます。そこで高速化のために記事をキャッシュしてくれるプラグインを探した所、『Zen Cache』が良いという結論に達しました。

キャッシュ系プラグインが行っていることとは?

Webページには静的サイトと動的サイトの2種類があります。前者は元々HTMLで構成されたページ。後者はその都度HTMLを生成し表示するページ。Wordpressは後者にあたり、phpを用いた動的サイトになっています。ユーザーがWordpressを用いて作成されたページを訪れると、Wordpressはデータベースから内容を読み取り、HTMLを構成して表示します。キャッシュ系プラグインはユーザーが一度でも訪れるとそのページを軽量な静的ページとして保存しておき、次回そのページを訪れるとキャッシュされた静的ページを表示するという機能を担っています。

Zen Cacheを導入しよう

導入は簡単です。Wordpressのプラグイン検索ページのボックスに『Zen Cache』と入力するかしたのリンクからDLしてWordpressにアップロードして下さい。

管理画面のサイドバーに『Zen Cache』の項目が追加されていますのでそこのメニューを開き『Yes Enable ZenCache』にチェックを入れてページ最下部にあるSaveボタンを押すだけです。
Zen cache_on

あとがき

ブログのテーマに関わる機能を担うプラグインは廃止していきますが、Wordpress本体をカスタムするプラグインはこれからも使っていきます。ブログの重たさはユーザビリティにもSEOにも大きく影響してきますのでページの表示速度は早めが良いでしょう。


この記事をシェアする

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。