Reras-factory

ガジェットとかAppleとかいろいろ

【WWDC2015】新しい『OSX El capitan』

  • 2015年06月9日

新しいOSX『El Capitan』の新機能をまとめました

OSX El capitanの新機能

1,新しいシステムフォントを採用

OSXには『ヒラギノ角ゴ』という購入すると数万円するフォントが標準搭載され、自由に使用することができます。今まではシステムフォントにこのフォントが採用され、Retinaディスプレイとともにより美しく表示されていきました。今回のアップデートでこのシステムフォントが『San Francisco』というものに置き換わり、ヒラギノ角ゴはより多くのウエイト(太さ)が選べるようになるそう。このフォントはAppleWatchで採用されていて、OSXに採用されたとなると次はiOSにも搭載されるでしょう。

2,プリインストールアプリの改良

メールアプリを例に取ると、iOS版と同じようにスワイプでメールを処理できたり、より口語に近い語句で検索できるようになっていて、痒いところに手がとどくようなアップデートとなっています。ほかにもSafariのピン止めが、タブをクリックしてメニューバーの左側に持ってくるだけでできるようになったり、タブごとに音楽の再生をコントロールできるようにもなっているようです。

3,パフォーマンスがアップ

カーネルの見直しによりOpenGL,レンダリング,などグラフィック面で、いままでよりも高速になっているようです。

あとがき

iOSと比べるとこれといった新機能がないですが、最後のパフォーマンスアップは大きいです。項目が少ない分、より洗練されて細かいところまで手が入っているようです。Yosemiteは重たいという声も聞くのでこれは秋に期待ですね!OSX 10.6以降なら無料アップデートが可能なようです。

ソース元

GIGAZINE


この記事をシェアする

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。