Reras-factory

ガジェットとかAppleとかいろいろ

どこが変わった!?iPhone6s

  • 2015年09月10日

本日午前二時から行われたAppleの新製品発表会で、新型iPhone,『iPhone6s』が発表されました

以前に信憑性の高いリーク情報を元に書いた記事とくらべてみましょう

過去記事:徐々にベールを脱ぎ始めたiPhone6s

プロセッサがさらに高速化

iphone6s_a9
iPhone6sにはモーションプロセッサ『M9』を内蔵した新しいチップ、『A9』が搭載されます。最大70%高速なA9で、iOS9は快適に動くでしょう。他にも、M9を内蔵したことで、パフォーマンスとバッテリー持ちが向上しました。これがバッテリー容量削減につながっています。

感圧タッチを搭載

iphone6s_3dtouch
Macbookのタッチパッドにも搭載されている『Taptic Engine』を採用し、どれだけディスプレイをタッチしたかを感知する3D Touchに対応しています。タッチの強さを変えることで異なるアクションが実行されます。しかし、現代のスマートフォンユーザーは画面遷移する際は短いタップに慣れているのでこれが普及するのには時間がかかるのではないでしょうか

本体の素材が変化

iphone6s_body
iPhone6sの筐体は、航空宇宙産業で使われているものと同じグレードである7000シリーズアルミニウムの新しいアロイを採用しているそうです。iPhoneの美しいデザインを僕は隠したくないのでクリアケースを使用しています。しかしこの新素材の採用で、裸で使用するハードルが下がるのではないでしょうか。また、表面のカバーガラスは

カバーガラスは、ほかのどのスマートフォンで使われているものより強く、丈夫になりました。

とあることから、iPhone6では採用が見送られたサファイヤガラスが採用されている可能性が高いです。

AppleWatchの”あの色”が追加

iphone6s_rosegold
今までは『シルバー』『ゴールド』『スペースグレイ』の三色展開だったiPhoneですが、AppleWatchの一部モデルにも採用されている『ローズゴールド』が追加されました。その名の通り、ゴールドをベースに赤を足したような深みのあるゴールドです。まあ僕は誰がなんと言おうとスペースグレイ派ですけどね

さらに高速なLTE通信

iphone6s_fastlte
前のモデルより約2倍早い4G-LTE Advancedが搭載されていて、23の帯域に対応する模様です。これは情報通りQualcomm社のLTEチップが採用されたということでしょうか。ぶっちゃけいうとLTEの速度は十分なので、家のWi-Fi環境を改善したいです

その他の製品は

ここではiPhone6sについて書きましたが、他にも『iPad Pro』『iPad mini4』『Apple Watch sport』に新色追加、『iOS9』『OSX El Capitan』のリリース時期の発表などがありました。これらに特に興味はないので取り上げませんが、興味がある方は調べてみてはどうでしょう


この記事をシェアする

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

  • くりゅぽん より:

    ヴぇいるさいどすごいな。本格的だね