Reras-factory

ガジェットとかAppleとかいろいろ

iPhoneが登場して、今日で10年

  • 2017年01月9日

2007年1月9日、Appleが初代iPhoneを発表した。そして今日この日、2017年1月9日で10年になる。

世界を変えた『iPhone』


Appleはかつて、Macintoshと呼ばれるコンピューターを製造する会社だった。当時から奇抜なデザインで、従来のCUIに代わって、直感的なGUI操作を可能にしたのもMacintoshが搭載した『Mac OS』だった。
そんな革新的な会社が考えたのがタッチパネルで操作する携帯電話『iPhone』だ。当時日本はガラケー全盛期で、携帯キャリア3社の中で興味を示していたのはSoftbankだけだった。しかし、iPhoneの登場がスマートフォン市場を大きくしたのだ。国内メーカーも相次いでスマートフォンを開発し、日本独自の進化を遂げていった。Appleはその後も『iPad』でタブレット端末市場を爆発的に拡大させた。今や、誰もがスマートフォンを持っている時代。その時代をつくったのはAppleなのだ

スティーブ・ジョブズの死去

iPhoneの登場後、コンピューターの性能の向上とともに、スマートフォンのスペックも年々上がっていき、iPhoneも毎年モデルチェンジを重ねた。そんな中、事は起こった。iPhone4sの発表日直前、Apple創業者でありCEOだったスティーブ・ジョブズが亡くなったのだ。彼は一度Appleを追い出されたものの、Appleが窮地に陥り呼び戻された後革新的な製品を次々発表し、Appleを時価総額世界一位にまで育て上げた張本人とも言える。彼が手掛けた最後のiPhoneである『iPhone5』。僕はiPhoneの中ではiPhone5系統のデザインが一番好きだ。現にiPhone5のマイナーアップデート版であるiPhone5sのデザインは現在でもかなりの人気がある。

市場を作り上げた者として


ジョブズ氏が亡くなり、Appleは2度目の変革をした。新たなCEOティム・クックの元、iPhone6,AppleWatch,iPad Pro,Macbookなど様々な製品を世に送り出していった。しかし、軸であるiPhoneのデザインは、劣化と言わざるをえない。背面の高級感は失われ、複数の画面サイズを用意する迷走っぷりである。ガジェットの世界を変えたAppleには、まだまだ頑張って欲しい。iPhone登場10周年となる今年、用意されると噂されているiPhoneの10周年記念モデル。憶測しか飛び交っていないが、僕は楽しみにしている。

iPhoneの魅力


なんだかんだ言って、僕は今のAppleも割りと好きだ。いつまでも時代の先を行っているから。最近は少し先取りし過ぎかと思っているが、業界を変えるにはこれくらいの思い切りが必要なのだろう。僕が考えるApple製品の魅力は『美しさ』『連携の強さ』だと考える。

『美しさ』について

最近はアルミボディになってしまったため高級感は皆無だが、iPhone4は背面全て、iPhone5は背面の一部にガラス素材を採用し、ブラックモデルはとても高級感がある。5系統のツートンなど最高だ。僕は以前記事にも書いたとおり、中古でiPhone4sとiPhone5を買うほどのiPhone好きだ。机に並べておくだけで美しい。これほど美しい携帯電話が他にあるだろうか。

『連携の強さ』について

Appleがワイヤレスに力を入れているだけ合って、全ての端末間での連携が尋常でないほどが強い。同社のクラウドサービスである『iCloud』を軸に、インストールしたアプリ、画像など各種設定がすべての端末で同期される。これがApple製品を選ぶ一つの理由である。新たな端末を手にしても、今まで使っていたAppleIDでログインするだけで面倒な設定が全て完了する。おまけにiOS9以降は『iCloud Drive』なるアプリがOSに組み込まれ、iCloudをクラウドストレージとして使うことも可能になった。価格も非常に安価なので是非検討してみて欲しい。

これからのAppleに望むこと

今は3つの画面サイズのiPhoneを並行販売するなど、迷走っぷりが伺えるAppleだが、近いうちに方針を固め、古き良き部分も取り入れつつ、時代の先を行くような製品をつくってほしい。ジョブズ氏亡き今、彼がいた頃のようなAppleは望めないが、『一つの時代を築いた』と言えるAppleには、これからもIT時代の先駆者として頑張って欲しい


この記事をシェアする

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。