Reras-factory

ガジェットとかAppleとかいろいろ

iOS用電卓ウイジェット『計算機+』が便利だった!

  • 2016年04月30日

iOS8より追加されたサードパーティー製ウイジェットのサポート。以前からVidgetsを強く推してきた僕ですが、今回は更に凄い『計算機+ 式が見える電卓』という電卓のウイジェットを紹介します

このアプリは普通の電卓で、機能の一つとしてウイジェットに対応しているだけなのですが、ウイジェットに限定して使うのがオススメです(というより、ウイジェットに慣れるとアプリを起動することはなくなります)

僕の主義は『画面内に収まる数』だった

iOSのウイジェットは、画面の上端を下にスワイプすると表示することができます。僕が愛用しているVidgetsは便利で魅力的なウイジェットが用意されていますが、厳選して全てのウイジェットが画面内に収まるようにするのが僕の主義でした。ウイジェットアプリは上から『Yahoo!天気』『Vidgets』『DataFlow』『Wordpress』という順で並べ有効活用していました。そんな折、電卓を使用する頻度も増えてきたので、以前から存在を知っていたウイジェットに電卓を表示できるアプリを探した所ヒットしたのが『計算機+』でした。実際に導入すると、大きくスペースを取りますが、とても便利でした。『画面をはみ出さない』という僕の主義を覆すほどの力が、このアプリにはありました。

『=』を押さなくても結果が表示されるのが便利!

ウイジェットの電卓のメリットはロック画面からでも素早く計算できることですが、その他にも素早く計算できる工夫が詰まっています。『計算機+』のウイジェットは、計算結果のリアルタイムプレビューが可能なのです。例えば『1+1』と入力すると『=2』とプレビューされ、実際に『=』を押すと確定されます。=を押す一手間が省けてとても便利です。

計算過程が見える!

calcbook_compare
この電卓の売りでもある『式が見える』こと。純正アプリは『=』を押すと答えのみの表示になってしまいますが、この電卓では『=』を入力しても式の後ろに答えが表示されるので式に誤りが無いか、確認する手間が省けます。

スリープにしても入力結果は保持される

このウイジェットは、入力後端末をスリープにしても入力結果が保持されます。計算中に目を離した隙に自動でロックされても安心ですね

税込み計算にも対応!

calcbook_tax
何よりうれしいのがワンプッシュで税込み計算が可能なことです。アプリの設定画面から税率が設定できるのもかゆいところに手が届いています。(デフォルトでは8%です)『TAX』ボタンを押すと『X1.08』が自動で補完され、税込みの値が表示されます。いちいち手入力しなくて済むのは楽ですね。

ファンクションコマンドが充実している

calcbook_functions
先述した『TAX』ボタンは他のボタンに置き換えることができるのですが、用意されているコマンドがとても多いです。2乗、ルート、sin、cos、tan、πなどに対応しています。僕は買い物に使うことが多いので税率計算に設定していますが、選択肢が多いのは良いですね

あとがき

まだ使い始めて日も浅いですが、純正アプリに比べると遥かに使いやすいです。税率計算や計算過程の表示は買い物などに持ってこいです。税抜き表示を税込みに直したり、予算をオーバーしてしまった場合、いちいち値段を確認しに戻らなくても、過程が表示されていればどれを抜けばいいかわかりやすいです。ウイジェットから直接計算できるのも手軽でいいですね。なんだか純正アプリを使う主義も危うそうです(笑)
Appleは『電卓をウイジェットに表示させるアプリは好ましくない』と言っているので、消される前に是非ダウンロードしておきましょう。iOS9以前を使っている方は前回の記事を参考にバックアップを取るといいですね。


この記事をシェアする

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。