Reras-factory

ガジェットとかAppleとかいろいろ

Apple Musicが遂にスタートしました

  • 2015年07月1日

Appleが展開する『Apple Music』、日本でもスタートしました

まずは3ヶ月試してみよう

AppleMusicには3ヶ月間の無料試用期間があり、期間中はすべての音楽を無制限に試聴することができます。(過去にはこの期間中の著作権料の支払い問題が生じていました)なのでまずは3ヶ月の無料トライアルをやってみるのが良いのですが…

ミュージックアプリに大きな変化が

apple-music-logo
AppleMusicは最新のiOS8.4で使用できますが、正直な所僕はアップデートしたくありません。なぜなら、ミュージックアプリのアイコンが大きく変わったものになってしまっているからです。従来のアイコンは古くからオレンジ系統の背景色が使われていて、iOS7でフラットデザインになってからもオレンジに赤を足したような色合いが使われてきました。しかし、AppleMusicに対応するiOS8.4のミュージックアプリはiOSロゴのように、白地に七色の打ち抜きになりました。これがどうも気に入らないのです。まあiTunesからでも利用できるのでまずはそちらから試してみます。

ダウンロードできるのは確かにいい

AppleMusicで提供されるコンテンツはミュージックアプリから再生しますが、オフラインで再生できるように曲をダウンロードする機能を備えています。自宅のWi-Fi環境でダウンロードを行っておけば、通信量を気にすることなく使用できるのはいいことだと思います。

Appleのブランド力はどこまで通用するか

ミュージックアプリのアイコンが変わったiOS8.4。AppleMusicを使用するにはアップデートしかないのですが、一般の方々にどこまで通用するでしょうか。直感的に操作できるiPadは、子供から大人、高齢の方まで幅広く使うことができますが、ミュージックアプリと統合してしまったことで使い方に戸惑うユーザーも出てきてしまうかもしれません。Appleのブランド力は、どこまで通用するでしょうか。


この記事をシェアする

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。