Reras-factory

ガジェットとかAppleとかいろいろ

【WWDC2016】iOS10についてまとめてみた

  • 2016年06月14日

更新が一ヶ月以上空きましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。
日本時間6月14日午前2時よりAppleの発表会WWDCが行われました。発表されたものは多々ありますが、今回はiOS10にフォーカスを当てて見ていきましょう

10個の新機能

Appleは10回目のiOSのメジャーアップデートということで、バージョンと同じ『10個』の新機能を用意したようです。が、その規模は過去最大級。進化を続けるiOSは更に素晴らしい物になるでしょう
iOS10における新機能は以下のとおりです

ロック画面のリデザイン

ロック画面が一からデザインされ直し、通知は壁紙の上に重ねて表示されるようになりました。また『3D Touch』を使うことで、通知を全文の確認なども出来るようになるとのこと。通知があると壁紙が見れないのが地味に不満だったので嬉しいですね

『電話』アプリが賢く進化

iPhoneの『電話』アプリにおいて、『Google Voice』のようなテキスト書き起こし機能が追加されました。また、スパム的な電話も検知し画面に表示してくれます

SiriのAPIが開発者向けに開放

音声アシスト『Siri』のAPIがサードパーティーのアプリ開発者向けに公開され、サードパーティーアプリのSiri対応が見えてきました。Apple純正アプリだけでなく、あらゆるアプリが音声で操作できるようになるでしょう

『iMessage』が強化

Apple ID間でLINEの様にやり取りができる『iMessage』。リンクを送るとOHP情報を読み取ってサムネイルやテキストの一部が表示される仕様になったようです。同じチャットアプリである『Skype』には既に搭載されており、かなり便利なので嬉しい点です。

『地図』アプリが更に進化

立ち上がりではコケてしまったものの、iOS8の時点ではかなり成熟していたものになっていた『地図』アプリも、デザインを一新した他、開発者向けに仕様を公開し、外部のアプリとの連携を強化する狙いです。

AppleMusicが改善

登場当時はUIの使いにくさで話題となったAppleMusicも、基調色を黒,白,ピンクにまとめ、『ForYou』セクションも履歴からプレイリストを生成するなど、不満が多かった部分改善されているようです。(僕は全く使ってないのでご了承を)

『写真』アプリにAIが搭載

『写真』アプリに顔認識AIが搭載され、写真を人物ごとにコレクションしてくれます。僕は一眼レフを持っているのでiPhoneのカメラは殆ど使わず、写真アプリはインターネットから画像を保存する用途で使っているので、iCloud共有の様にONとOFFができれば素晴らしいですね

QuickTypeがより賢く

iOS8より搭載された、状況に応じて予測変換を行えるソフトウエアキーボード『QuickType』が進化し、例えば入力中の文章から次に入力されるであろう語を予測し、提示されるようになっています。また、入力候補はアプリによって変化するようです。

純正アプリが削除できるようになった!

iOSに最初から入っているAppleの純正アプリですが、使わないものも多いと思います。今までは削除できなかったのでフォルダに入れて隅っこに追いやっていましたが、AppStoreとiTunes Storeを除くほぼ全ての純正アプリが削除できるようになるようです。iOS9から追加された『友達を探す』とか『Game Center』,『Podcast』など、僕は全く使わず、それらをまとめておくフォルダも一個増えてしまうので不便でしたがこれはいいですね

まとめ:かゆいところに手が届くなかなかのアップデート

iOS8→9へのアップデートではなかなか目立った機能はありませんでしたが、10では実用性を第一に開発されているように感じます。特に気になったのが純正アプリの削除とQuickTypeです。まあスイッチャーに不満があるので人柱用端末を買うまではアップデート予定は無しですね。iPhone5s欲しいなァ

※ブログネタが尽きたのでまたしばらく更新お休みする可能性があります。首を長くしてお待ち下さい。また、ネタのタレコミも歓迎します


この記事をシェアする

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。